安心して生活するために必要な建物状況調査!目的や流れまで基本的な情報を紹介

このサイトでは安心して生活をするために、住まいの建物状況調査を行う目的や流れといった基本的な情報をご紹介しています。
マイホームに中古物件を検討しているけれど、これから購入を考えている物件がこの先も安全に暮らしていけるのかというのは外から見ただけでは分かりません。
専門的な知識を持つプロによる調査を行うことで、引渡し後のトラブルを避けられたり、安心して暮らすことができます。
知っておくと役立つ情報をお届けします。

安心して生活するために必要な建物状況調査!目的や流れまで基本的な情報を紹介

建物状況調査はすでに建っている既存の住宅が対象で、一戸建てはもちろん、アパートやマンションなども可能です。
居住中の家であっても問題ありません。
建物状況調査の流れは、購入希望の既存住宅について調査したい場合は売主の承諾が必要なため、物件を取り扱っている不動産屋に相談します。
調査実施者に依頼して国土交通省の定める基準に従って行われます。
調査にかかる費用や時間は、建物の規模や調査実施者によってことなります。
建物状況調査は住宅購入時の安心の判断材料です。

建物状況調査が必要になる理由は?

建物状況調査というものをご存じですか。
日本では1998年から国土交通省で義務付けられており、約10ヘクタール以上の広大な敷地面積を有した建造物が対象となります。
ただし、すべての建物が対象となるものではありません。
どのような理由で建物状況調査を必要としているのか、この点を解説していきます。
まず築年数が約40年以上となるものが義務付けられており、工場から学校・病院という大勢の人々が集う場所です。
1998年以前は義務化はされていませんでしたが、藩士縄地大震災以降で実施をされています。
耐震性能が弱いものも理由であげられ、倒壊を防ぐ目的を有しているのが建物状況調査です。
計200項目の検査をするのが基本で、以前は国交省が実施をしていた技能試験をパスした方が手作業でおこなっていました。
現在は産業用X線装置を駆使しており、広範囲を短時間で調べることができます。
技能資格を有する人しかおこなえない点は同じです。

建物状況調査は誰が実施するのか?

建物状況調査を誰が行うかが疑問に起こることが多いですが、簡単に言えば所有者が実施するのが一般的です。
その理由は自分が所有している建物になりますので、その所有者が状況把握を行っておくことが理に適っているからとなります。
ただ建物状況調査の実施者は、売主が行うケースが多いですが、場合によってはその物件を欲しい方や購入者が行うケースもあります。
それは建物状況調査を行っておくと購入者は保証保険にも加入できる他に、税金の控除を受けられたりするメリットがあるからです。
保証保険では将来、隠れたる瑕疵が生じてもそれを保証してくれるので、安心して暮らすことができます。
なお大抵は建物を購入する場合にはまとまった費用がかかりますので、ローンを組むことが行われます。
建物状況調査を行えば、金融機関の審査にも通過しやすくなり、他にも税金面での控除の恩恵を受けることができるので、トータル的な費用もお得になります。
実施者は購入者が行う場合には、そういった事情で行われることが多いです。

建物状況調査によってわかることとは?

建物状況調査とは宅見業法に基づいた基準に依拠して、国土交通省指定の講習を受けた建築家などの専門家が建物の現況を調査することです。
建物状況調査でわかることは、住宅品格法による保証箇所にしている部分の状況です。
住宅品格法が基本的に10年間補償対象としているのは、建物の基本構造の部分と雨水の侵入経路を防止する部分と限定されています。
この点をふまえて建物状況調査でわかることを確認しておくと、基礎・壁面・土台・屋根いたなどの建物の主要構造と、屋根・外壁などの雨水侵入を防止する部位です。
建物状況調査を実施することには、売主買主それぞれにメリットがあります。
売主にとってみれば、引き渡し後の契約不適合責任などのトラブルを回避できることと、他の売り手と差別化をはかれます。
重要事項説明書に当該調査のあっせんの有無が追加されていることからも、重要性は明らかです。
買主にしてみれば安心して購入でき、専門家からのリフォームなどについてのアドバイスを受けることができる点にメリットがあります。

建物状況調査の判断基準は構造によって異なる

自分が住んでいた建物を中古で売り出したい時には、前もってインスペクションをしておくことで後で何かあった時にも対応しやすくなります。
住宅の細かな部分などは目に見えませんから、プロの目で確認しておいてもらわないと難しいからです。
きちんとした調査書類があれば、後でクレームなどが出てきた際にも証拠として提出することが可能となるのです。
建物状況調査は、調査を依頼する建物の構造によっても判断基準が異なってきます。
例えば住宅に太陽光発電システムが設置されていたりする場合もありますよね。
さらに建物自体が木造であるか、鉄構造か、さらに鉄筋コンクリートであるかによってもその判断基準には差が出てきます。
建物状況調査を依頼する際にはそれらについても事前に専門業者に伝えてから見積もりを取るようにしましょう。
日本の多くの建築物は木造で作られており、木造が日本の気候には合うとされています。
木造の場合にはシロアリ問題なども出てきますから、把握しておきたいですね。

建物状況調査に関する情報サイト
建物状況調査の疑問

このサイトでは安心して生活をするために、住まいの建物状況調査を行う目的や流れといった基本的な情報をご紹介しています。マイホームに中古物件を検討しているけれど、これから購入を考えている物件がこの先も安全に暮らしていけるのかというのは外から見ただけでは分かりません。専門的な知識を持つプロによる調査を行うことで、引渡し後のトラブルを避けられたり、安心して暮らすことができます。知っておくと役立つ情報をお届けします。

Search