建物状況調査で確認できる箇所とは?

建物状況調査で確認できる箇所とは?

トラブルのない取引のためには絶対に欠かせない建物状況調査では、プロの検査員が計測や目視などによって調査を行うことになります。
この建物状況調査を行うことによって確認できる箇所には、既存建物の基礎部分・住宅の構造・外壁などに生じている不具合や劣化の有無が含まれています。
検査員がガイドラインに沿って徹底した調査を行うことにより、見ただけでは判断が難しい現状を診断してくれるというわけです。
たとえば、建物の構造耐力上主要な部分に関係する箇所としては、外壁やコーキングに欠損がないか、タイルの剥がれ、サッシの隙間や開閉の不具合、バルコニーの劣化やひび割れ、梁や柱の傾斜の有無、基礎や土台の欠損やひび割れといった部分が挙げられています。
また雨水の侵入を防ぐ部分に係るものとして、屋根の剥がれや劣化、軒裏のシーリングの欠けや割れがないかどうか、小屋根や天井・内壁に雨漏りの跡がないかといった点を確認することができます。

建物状況調査にかかる時間を知りたいならば

新しく購入した住宅が本当に安心できることかどうかといった問題は、なかなか素人ではわかるものではありません。
建物の見た目で判断することができるならば、特に問題例えば、明らかに傾いているような住宅があった場合、その住宅自体は大きな問題が生じていますので、住む前の段階で直してもらうといったことが大事になります。
またそのような時は、風に契約を解除することができると言うわけです。
こちらの要求に対して、しっかりとしたものを履行していないからです。
ですが、実際の建物を購入する場合には、なかなかその状況が素人では分かりませんのでかなり困難を極める者になります。
そこで、プロにより建物状況調査を行うことが重要になるでしょう。
実際に建物状況調査を行う場合、どれぐらいの時間がかかるか問題になります。
これに関しては、1時間程度で終わるものではなく、1日から2日位かけて行うと言えるでしょう。
ただ実際にはスタッフが何人配属されるかという部分や家の大きさによっても変わりますので、一概に言う事はできません。

建物状況調査に関する情報サイト
建物状況調査の疑問

このサイトでは安心して生活をするために、住まいの建物状況調査を行う目的や流れといった基本的な情報をご紹介しています。マイホームに中古物件を検討しているけれど、これから購入を考えている物件がこの先も安全に暮らしていけるのかというのは外から見ただけでは分かりません。専門的な知識を持つプロによる調査を行うことで、引渡し後のトラブルを避けられたり、安心して暮らすことができます。知っておくと役立つ情報をお届けします。

Search